松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

「シュクメルリ(チュクメクリ)」を作ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

「シュクメルリ(チュクメクリ)」を作ってみました( ^o^)ノ。

去年、『松屋』さんでたべた「シュクメルリ」が独特な味わいで、非常に美味しかったので、公式レシピを元に私も作ってみました( ^o^)ノ。

なんでもグルジア(ジョージア)の郷土料理と言うことで、ニンニクの効いたホワイトシチューの様な感じです。
この「シュクメルリ」のレシピがインターネット上で公開されたので、それを元に、出来る限り頑張って再現してみました( ^o^)ノ。

まずは具の用意。
最初の具はサツマイモです。
今、我が家には焼き芋用にサツマイモが常備してあったので、その中の1本を活用しました(^^;。

 


とりあえず、一口大に切り、水で濯いでから、電子レンジで柔らかくなるまでチンします。

それと、もう一つの具、鶏肉。
これはもも肉を用意しました。
家族5人で食べるので、一気に3枚ほど用意しました。

 


鶏もも肉も一口大に切り、塩胡椒を振っておきます。
あまり小さくカットしたら面白みがないので、かなり大きめにカットしました(^^;。

 


塩を振った鶏もも肉を、サラダ油をひいたフライパンに、皮目を下にして並べ、焼き上げていきます。

 


皮目がしっかり焼けたところでひっくり返してニンニクを投入。

 


この時、ニンニクはたっぷりめに…。
私は、ニンニクの大きめな粒、4個分をマッシュして使いました(^^;。

 


よく混ぜながら炒め合わせ、ニンニクから妙なる香りが上がってきたら、良い塩梅です。

 


私の使っているフライパンはあまり大きくないので、一旦鍋に移し、そこに牛乳を600cc投入。

 


更にバターを50g程、投入。
最初に電子レンジで蒸かしたサツマイモも入れ、約5分くらい、ゆっくりと煮込みます。

 


ここで一度火を止めてからホワイトシチューの素を、半箱分投入します。
よく溶かして、再度火をつけ、とろみが出るまで煮込みます。

 


醤油で味を調えて…。

 


レモン果汁で、適度な酸味を付けます( ^o^)ノ。

 


ご飯をよそったお皿にカレーのように盛り付け、チーズを盛り、彩りにみじんの切りパセリを散らしたら完成です( ^o^)ノ。

個人的には非常に美味しく出来ました( ^o^)ノ。
特に、ニンニクに対して躊躇しないで大量投入したのが良かったと思います。

家人も喜んでくれましたが、バターにチーズと、結構なハイカロリーで重い食事であることも間違いありません(^^;。
その場合はもう少しレモン果汁を足して、少しでもさっぱりさを出すと良いかも知れません。

鶏肉のガーリックホワイトシチューに、サツマイモを合わせるというのは、なかなかない取り合わせだと思いましたが、これが結構いけました( ^o^)ノ。

思った以上に簡単作ることも出来ましたし、また機会があったら、やってみたいと思います(^^;。

 


ちなみに、付け合わせは、先日TV番組『男子ごはん』で観た、「キュウリとササミと刻み海苔のナムル」です(^^;。
これはテッパンの美味しさでした( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.