松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

西新宿 笑梟 「つけ蕎麦」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

西新宿の『肉そば家 笑梟』にて、「つけ蕎麦」を食べて来ました( ^o^)ノ。

こちらのお店は、私が持つ仕事上必要な複数の資格で、その講習などを行う会場が近いため、数年に一度の再講習の度に、食べるのが楽しみになっているお店です( ^o^)ノ。
ちなみに資格はいくつかあって、その複数の資格毎に講習があるので、概ね、1年に1~2回くらい、来られることになります(^^;。

こちらで、私が大好きなのが、山椒の香りが小気味よい、「山椒肉そば」なのですが、この時は、初めて「つけ蕎麦」を食べてみました。

このお店の特徴は、麺が中華麺か日本蕎麦かを選べるのですが、今回は日本蕎麦にしました。

なお、お昼時はサービスライスが付くのですが、このサービスライスがまた、如何にもサービスでございます、的な小さなライスで、もう少し大きくても好いんじゃ無いかなぁ…といつも思うのですが、まぁそれはさておき(^^;、運ばれて来た「つけ蕎麦」は、鶏出汁のつけ汁に黒い蕎麦です( ^o^)ノ。

早速食べてみるのですが、蕎麦のコシが強くて、まさにワシワシ、と食べる感じです( ^o^)ノ。
確かに蕎麦の風味はするのですが、正直、こうして食べると蕎麦の風味も取って付けた感があって、コシの強さは小麦粉のグルテンによるモノだと思います。
言うなれば、コシの強い太麺に蕎麦粉を混ぜて「蕎麦風」にした、と言う感じが強くて、正直、コレであれば中華麺でも良かったかな、と思いました。

つけ汁に浸けて食べたとき、その間はより一層強く感じるようになり、どうしてもラーメンのつけ汁、と言うイメージが脱却し切れていなくて、蕎麦で食べるには、ちょっと違うような気がしてしまいました。
鶏の出汁が強いのですが、ベースが肉系の味わいで、塩味もピシッと強いのですが、出汁が強い塩味をカバーし切れていなくて、純粋に「塩辛い」と感じてしまったのも、残念な部分でした。

個人的にな好みとしては、このチョイスは失敗だと思ったので、次は中華そばで食べてみたいと思います(^^;。

う~ん…個人的にはちょっと残念…次、いつ来られるかは、免許の有効期間のみぞ知る、と言った感じで、次こそは、美味しく食べたいと思います…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.