松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「渡り蟹出汁の悪い奴」を食べて来ました( ^o^)ノ。

なんか、本来は「濃すぎるので初めての人には厳しいかも知れないので、原則的に会員限定」とされていた「悪い奴」ですが、最近の私にとっては、これが普通になって来てしまいました…(^^;。

最早、安心出来るというか…(^^;。

そんなわけで、この日も『覆麺』に向かったのですが、やっぱり例の病気の影響か、凄い行列、と言うわけではありませんが、そこはそれ、やっぱり『覆麺』の神通力とでも言いましょうか…。

常に満席になる程度にはお客さんが来ていました( ^o^)ノ。

かく言う私も、仕事でどうしても外に出ざるを得ない業種なので、自粛ムードの中でも動いていますが、お昼時となると、『覆麺』の神通力におびき寄せられてしまいます(^^;。

この日の覆麺は、「渡り蟹の悪い奴」がスタンバイ( ^o^)ノ。

今日は悪い肉などは一切なしにして、純粋に「悪い奴」のみを楽しみます( ^o^)ノ。

(トッピングで青唐辛子は載せちゃいましたが(^^;)。

丁度私がお店には入れたとき、親子連れのお客さんが来て、外の屋外席で、お子さんを交えて親子三人で食べることに。

あぁ…いいなぁ…うちの息子も連れて来て、一緒にこんな風に食べたいなぁ…と思いつつ、丼を受け取ります(^^;。

見た目としては、いつも通りの「悪い奴」なのですが、立ち上る香気は毎月違います( ^o^)ノ。

今月は渡り蟹。

甲殻類なのですが、タラバガニやズワイガニ、毛蟹や栗蟹とはまた違った、甘みのある美味さの蟹です( ^o^)ノ。

早速一口食べてみますが…やっぱり『覆麺』の「悪い奴」、私にとっては馴染んだ美味さです…(^^;。

蟹の風味ももちろん強いのですが、結果的に言うと、やっぱり「覆麺」自体のポテンシャルが、非常に高いんですよね…その高いポテンシャルに、さらに様々な具材、今回は渡り蟹ですが、その美味さが上乗せされていて、より美味くなります。

ここまで来ちゃうと、何がどう影響してどんな美味さになるのか、説明するのが難しいのですが、この太い旨味と言うのは、やはり『覆麺』の真骨頂であり、唯一無二であると思います( ^o^)ノ。

いつもより厚めのチャーシュー。

麺に絡めて食べようとしたら厚くてそうもいかず、チャーシューだけで味わうことに。

スープの熱に程よくほどけた肉が、濃いスープを吸って、これまた得も言われぬ美味さなんです…( ^o^)ノ。

気がつけば完食。

いつものように、さっと大将にご馳走様を伝えて、外に出ます。

屋外席では、仲良く親子がラーメンを食べています。

うわぁ…うちもこんな風に…と思いつつ、お店を後にしました。

私が子供を連れて来られるのは日曜日だけ…。

今は花木さんの日曜日、コロナの影響でお休みですし、それ以前に日曜日は花木さんのワンオペなので、屋外席は原則休止。

う〜ん…息子が小学生以上になって、一緒にカウンターに隣り合って座って食べる…と言うのもいいなぁ…と思います。

…きっと花木さんも、娘さんと一緒に食べたいなぁ…とかって想っていると思います(^^;。

あ、ヤバい…。

お腹が、減ってきてしまいました…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.