松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「覆麺(塩) with イカ肝ソース」を食べて来ました( ^o^)ノ。

この日は、本当は「イカ煮干し出汁イカ肝ソース付きつけそば」があったはずなのですが、並んだ私の目の前で売り切れてしまいました(^^;。

悔しいことこの上ないのですが、すぐ近くに居て声を掛けてくれたKazuyaさんが、「まぁそれも見越しての「覆麺」」との台詞を聞き、見習うことにしました(^^;。

と言うわけで、先日食べた「覆麺」が醤油でしたので、この日は塩にすることにしました。

丁度タイミング良く、大将の妹さんが外まで注文を取りに来てくれて、「…売り切れちゃったんですね…」、とこの世の終わりのような顔の演技をしつつ、「塩、お願いします」、と頼んだのですが、「肝ソース、ありますよっ!」、とのことなので、もちろんそれもお願いしました( ^o^)ノ。

しかし、よくよく考えてみたら、「塩ラーメンにイカの肝ソース…? 合うのかなぁ…?」、と不安になってしまいました(^^;。

が、先述のKazuyaさんに依れば、以前も塩にイカ肝ソースを合わせたことが有るらしく、「大丈夫です、美味いです、よりダイレクトにキます」、と胸を叩いてくれました(^^;。

そんなわけで、安心して大将に食券を渡しました(^^;。

そうしたら、大将が「塩に合わせるのかよ~合うのかよ~」、と笑う笑う(^^;。

大丈夫です、美味いはずです、と話しながら、丼を受け取ります( ^o^)ノ。


見た目は、いつもの塩ラーメンに、海苔の上に乗る茶色いペースト状の液体(^^;。
まずは一口、塩ラーメンを食べてみます( ^o^)ノ。

うん、いつものまったりとした塩だ…と、嬉しくなりながら、次はイカの肝ソースをくぐらせた麺を一口…。

思わず笑ってしまうほど、イカの肝です( ^o^)ノ。
イカのゴロ、とでも言いましょうか。
私は、新鮮なイカが手に入ると、肝にそのまま塩をふって塩辛にすることが良くあるのですが、まさにあんな感じです( ^o^)ノ。
鼻腔にねっとりと残るイカの肝の香りと、濃厚な美味さ。
正に珍味と言える、正統じゃぁない、邪道な美味さです( ^o^)ノ。

しかも、この肝ソースがメチャメチャ強くて、ソースを麺にくぐらせると、どうしてもスープにソースが溶け混ざってしまうのですが、も~スープ全体がイカの肝一色になります(^^;。
確かに、醤油スープじゃぁこうはいかず、塩スープはそれだけ素性が素直なのかも知れませんが、なんか、全く違う拉麺を食べているような感じです(^^;。

後から思ったのは、ソースを2~3杯ほど多めに注文して、最初から塩スープに溶かして食べたら、得も言われぬ美味さになるんじゃないかと…次の機会があったら、是非やってみたいと思いました(^^;。

ちなみに、来週の金曜日は、イカではなく鮭のハラミの出汁になります。
その次の週がイカですので、もし、イカの肝ソースをまた楽しみたいと思ったら、2週間待つことになります。

う~ん…辛いなぁ…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.