松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺 『ホッキ貝出汁の塩ラーメン』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「ホッキ貝出汁の塩ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

2月最初の月曜日。
この日の出汁はなんじゃらほい、とTwitterで確認すると、なんでも「ホッキ貝」とのこと。
これは絶対に美味い奴だよ…と。
ふと時計に目をやると…うん、行けるんじゃね?…と(^^;。

ンなわけで、急いで神保町にハンドルを向けました。
着いてみると、私を含めて丁度10人の待ち客…この寒空に10人待ちは辛いなぁ…とかって思いながら、クルマを停めたら直ぐに後部座席からジャンバーをひったくるように取り、グズグズしててこれ以上並ばれてはたまらん、と思って大急ぎでお店に向かいました(^^;。

直ぐに食券を購入して、最後尾に並びます。
Twitterで暇を潰しながら並ぶこと10分ほど。
お店に入ることが出来ました( ^o^)ノ。

席に着くと、ナンというタイミング、誰も食べていません(^^;。
丁度お客さんが一斉に入れ替わるタイミングだったようです。

大将も、流石に全員分を一気に作ることは出来ないようで、2回に分けて作っていました(^^;。

そんなわけで、2巡目で丼が差しだされました( ^o^)ノ。


受け取ってみると、よく炊いて出汁を取った感じの、半濁したスープです!
ホッキ貝の身も載っていて、思わずラッキー、と( ^o^)ノ。

箸取って食べる前に、先に食べ始めていた集団が、「美味し~っ!」とかって感嘆の声を上げています。
う~、これ以上俺の胃袋を虐めるな…と思っていたのですが(^^;、漸く私も今ここに、ホッキ貝の塩ラーメンを味わえます!!



実際に食べてみると、ホッキ貝、と言うイメージは直ぐに浮かばないのですが、味の濃いうま味がガツンと来ます。
海苔に乗ったフレーク状の具を麺に絡めると、ブワッとホッキ貝の磯の香りが沸きますが、全体として、磯臭さと言うよりかは、うま味そのものが非常に強いスープです( ^o^)ノ。

ホッキ貝の身が一つ入っていたので、大事に食べたのですが、これがまたシコシコとした歯応えのホッキ貝で、まだまだ味が染み出します( ^o^)ノ。

なるほど、感嘆の声を上げるのも分かるなぁ…と思いつつ、気がついたら完食…。
…なんか、無くなるのが早いんですよねぇ…なんでかなぁ…。

そんなわけで、大将にご馳走様を伝えて外へ。
長っ尻は他の待ち客の人にも迷惑ですし、下手に話し込んで大将の手を止めても申し訳ないし…と思うのですが、どうにも、「美味かったなぁ~」と語り合える相手がいないのは、どうにも消化不良です(^^;。
う~ん…今度は、義弟も一緒に連れて行くかなぁ…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.