松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸 とんこつ屋台ラーメン貴生 稔台店

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

松戸の『とんこつ屋台ラーメン 貴生 稔台店』にて、「ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

こちらのお店、夜しか営業していなくて、入るにも少々怪しい雰囲気を醸し出している、なかなか一見さんは入りにくいお店なのですが、実は松戸で古くから営業している、隠れた名店なんです( ^o^)ノ。

本店は、流山街道を野田方面に進んだ栄町にあるのですが、今回私の訪れた稔台店と言い、そのどちらのお店にも言えるのが、「恐ろしく交通の便の悪い場所にある」、と言うことです(^^;。

最寄り駅…と言うと、ちょっと首を傾げてしまうほど電車の駅から遠く、バス停が関の山(^^;。
クルマで行くにも、駐車場が無いわけではないのですが、それほど多く止められるわけでもないので、正直、いつ行ってもお客さんで賑わっているお店ではあるのですが、そのお客さん、どうやってこのお店に来るのか、不思議でなりません(^^;。

そんなわけで、私としても、行きたくてもなかなか行く機会のないお店なのですが、今回、久しぶりに訪れてみました。

本当に久しぶりに来たので、メニューも結構変わっていて、どれを頼んで良いのか皆目分からないので、普通にラーメンを注文してみました(^^;。

セルフのお冷やを注いで、ラーメンが来るのを待ちますが、右を見ても左を見ても、お客さんは若い人ばかり。
私のようなおじさんはどこにもいないので、ちょっと気遅れしてしまいます(^^;。

漸くラーメンが差し出されたので、受け取ってみると、思わず落としそうになるほど、丼が脂で濡れています。
そして、その風体は…。

そう、こちらのラーメン、絵に描いたような背脂系のラーメンなんです(^^;。

かなりゴッツい背脂で、なるほど、若い人しか来ないはずだ…と見るだけで、心と胃袋が納得してしまいそうなラーメンです(^^;。
一応、麺は博多ラーメンの麺を太くしたような麺なのですが、思いの外スープは塩味が効いていて、 太く四角い麺でもしっかりと味を乗せてくれます。

この脂だけでもうげっそり、と言う感じなのですが、しっかりとチャーシューも載っており、濃い味付けの煮卵もあって、全体としてパンチの効いた…と言うか、初手からボディーブローが連続で決まってくるような、そんな骨太のラーメンです(^^;。

なんでこんなラーメンを、歳も考えずに食べに行ったんだ、と言われると返す言葉もないのですが、連日のダイエットで心が摩滅していて、夜間作業を機に、ガッツリと力(りき)の付くラーメンが食べたいなぁ…と思ったのがきっかけでした(^^;。

とまぁそんなアホな理由で食べに行ったのですが、美味しいことは美味しくて、私も後20歳ほど若かったら、本当に美味しく食べられたのでしょうが、現在の私には少々無理のある代物でした(^^;。
具材は完食しましたが、スープはレンゲで数杯飲ませてもらって、それ以上は申し訳ないのですがギブアップ(^^;。

早々にお店を退散しました(^^;。

う~ん…今度は、まだ歳の若い甥っ子を連れて行ってみたいと思います(^^;。
彼等の世代なら、きっと美味しく食べてくれると思います( ^o^)ノ。
…私には、四半世紀遅いラーメンでした…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.