松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸市稔台 麺響万蕾 「醤油ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

松戸市はみのり台の『麺響万蕾』にて、「醤油ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

先日、Twitterでフォローさせて頂いた方が、こちらのラーメンの写真をアップされていて、その綺麗さから、興味が湧いて食べに行きたいと思うようになりました(^^;。

某データベースで詳しく調べたところ、よく知る場所でしたので、すぐにお店を見つけることが出来ました。

運良く、お店の隣がコインパーキングだったため、そちらにクルマを停めて、お店へ。
入ってすぐ左手に食券機があり、限定メニューもホワイトボードに書かれていましたが、初めての訪問だったので、ココは一番オーソドックスであろう「醤油ラーメン」をチョイス。
席に着いて食券をお店の方に渡すと、すぐ左手にウォーターサーバーがあるので、ご自由にどうぞ、と案内されました。

素直にお冷やを頂いて、席に戻りつつYelpでこちらのお店を検索すると、上手くGPSの電波が掴めないのか、エラーが返って来るばかり。

う~ん、と頭を傾げていると、ラーメンが差し出されました。

一見すると、鶏チャーシューに青ネギの映える醤油ラーメンで、それ以上でもそれ以下でもない、潔い綺麗さが光る丼です( ^o^)ノ。

早速箸を取って食べてみますが、フワッと香る鶏の出汁でしょうか? その香りが鼻腔をくすぐります。
麺はストレートで、非常に小気味よいコシを持ち合わせた麺で、麺自体が非常に美味しいです。
小麦粉の味というか、少し野趣の感じられる麺で、スープの出汁感と相まって、「…これは美味しい…」と独り言ち(^^;。

そう、スープの出汁感が素晴らしいです( ^o^)ノ。
鶏、鰹、そして良く分からないのですが、奥歯のさらに奥の方に染みる、ジュンとしたうま味が非常に特徴的で、私のような凡百な舌には皆目見当が付きませんが、非常に美味い、と思ったのはこれを書いている今でも、鮮明に脳裏に残っています( ^o^)ノ。

そして、醤油の旨味と言うのでしょうか?
醤油の擦れたような雑味は一切なく、ふわっと甘みも伴ってスープに深いコクをたゆらせています( ^o^)ノ。

帰宅してから、先ほどこちらのお店をYelpに登録しようと、前述の某データベースで調べてみたところ、なんでも松戸市の裁判所の坂を下りた十字路の袂にあった、居酒屋さんに間借りしていた『麺屋GONZO』さんが独立したお店が、こちらなのだとか。

以前、食べたことがあって、その際は亀の手のラーメンだったのですが、非常に美味しかったのでブログにも書き込んだことを思い出し、そのラーメンの写真をもう一度引っ張り出してきたのですが、確かにそっくりで、思わず膝を叩いてしまいました(^^;。

そんなわけで、なかなか松戸市内のラーメン屋というと、地元であるが故になかなか通うのも機会がないのですが、こちらはカミさんと息子も連れて行ってみたい、と思いました…( ^o^)ノ。

うん、その時は、白醤油のラーメンを食べてみたいです…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.