松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

日暮里 一由そば

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

日暮里の『一由そば』にて、「太そば with げそ天」を食べて来ました( ^o^)ノ。

日暮里には、今回私が立ち寄った『一由そば』の他に、『六文そば』があります。

個人的には、種物の美味しさは『六文そば』、つゆの美味さは『一由そば』だと思っています(^^;。

具体的にまとめると、

○ 一由そば

・種物が豊富。

・種物のハーフが選べたり、サイズも豊富

・つゆが濃い

・お客さんの要望を取り入れたメニュー開発が早い

・24時間営業

○ 六文そば

・種物の揚げ方が独特。クリスピーで固い。私はこっちの方が好み。

・店内が狭く、路上に出て食べることも…これが良い(^^;。

・つゆはちょっと薄い。

・朝早くから営業している。

と言った感じの違いがあります(^^;。

こうやって見ると、ほぼほぼ『一由そば』の一人勝ち、と言う感じもしますが、実際に食べてみると、どちらとも甲乙付けがたく、その時の気分でどちらのそば屋に行くか、選ぶことが出来る幸福な立地だったりします、日暮里は( ^o^)ノ。

そんなわけで今回は『一由そば』に立ち寄ったのですが、お店の前に立つと、大きく「太蕎麦」、なるものが告知されていました。

ちょっと前に小耳には挟んでいたのですが、食べたことはなかったので、これをチョイスすることに決めました( ^o^)ノ。

なお、種物はゲソ天を選択( ^o^)ノ。

太蕎麦とゲソ天で400円を支払い、丼を受取りました( ^o^)ノ。

そして…実際の食べてみると、ガッシリと太い蕎麦( ^o^)ノ。

横縦に普通のそばと比べて2倍くらい…断面積でいうところの4倍と言った感じでしょうか。

ツルツル食べる、というよりかは、ガシガシ食べる、と言った感じ。

蕎麦の香りが強い、と言うほどでもないので、正直なところ “ネタ” 以外のなにものでもありませんが(^^;、面白くて美味しかったです( ^o^)ノ。

そういえば、松戸の馬橋、消防署の裏の方に、昔『和(やわらぎ)』と言うお蕎麦屋さんがあって、そこでこう言う太い蕎麦を食べさせていたのですが、いつの間にかお店が無くなってしまいました。

移転したのか廃業したのか…ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか…。

話を戻して『一由そば』(^^;。

ガシガシと蕎麦を食べながら、さらにゲソ天を崩しながらパクパクと…。

雑な切り方のネギもいい感じです( ^o^)ノ。

食べに行った時間が遅かったので、鷹の爪が種ばかり残っていましたが、まぁ辛味はあったので良しとします(^^;。

これぞジャパニーズ・ジャンクフードの代名詞( ^o^)ノ。

…糖質の関係で、食べに行く機会が減ってしまいましたが、末長く残って欲しい、雑多な日本の食文化だと、思いました( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.