松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

広尾 広尾のカレー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

広尾の『広尾のカレー』にて、「広尾のカレーラーメン(テール付き)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

某都立病院に仕事で行っている際、お昼を探して辿り着いたお店がここでした(^^;。

と言うか、アプリ『ラーメンDB』で評価が高かったので行ってみたのですが、着いてみればなんか普通にカレー屋さん(^^;。
もちろんメニューとしては「カレーラーメン」もあるのですが、あくまでもそれはイレギュラーなメニューと言う感じでした(^^;。

とにかく暑かったこの日。
梅雨の長雨を縫うようにして覗いたお日様が、気温と湿度をグングンと上げていくお昼時、こんな日は逆に大汗をかくような昼飯なら、闘魂が注入出来るのではないか、と思って、お店に伺いました。

一見、外からは全然分からない、小さな看板の出た瀟洒なお店でした。

小さなテーブル席と奥に伸びるカウンター席。

まるで鰻の寝床のような細長い店内なのですが、暗くもなく明るくもなく、お土地柄も相まって、非常に雰囲気の良いお店です。

こんなお店に作業着の私が入ってもいいのかなぁ…なん思いつつ、隠れるように奥の席に座りました。


メニューは見る限り、普段食べている昼食の金額よりかは結構高いお値段設定のようなのですが、目玉が飛び出るほどでもありません。

ここは事前に調べておいた「カレーラーメン」を注文しますが、お店の方が「テール入れますか?」、と聞いて来たので、素直に「初めてなので、どんなものか全然知らないんです。興味もあるので、ぜひ付けて下さい」、とお願いしました。

すると、あまり広くはないカウンターキッチンで、ゴソゴソと作業をする店員さん。

そうこうするうちに、複数名のお客さんが入って来て、あれよあれよと言う間に大童(おおわらわ)です(^^;。


ちょっと待たされて出されたカレーラーメンは、なかなかにインスタ映えしそうな、盛りの美しいお姿です( ^o^)ノ。

千切りキャベツの上の水菜が乗り、軽くドレッシングかかっています。
さらに茹で卵、モヤシ(のナムル?)、ベビーコーン。

そして、左側のは牛テールがどっさりと載っています( ^o^)ノ。

この牛テールが驚くほど美味しくて、骨はきれいに取り除いてあるのですが、ゴロンとした大きさの肉がどっさり。
箸で掴めないほどトロトロで、それでいてしっかりと味付けもしれあって、バーナーであぶってあるようなのですが、香ばしさも最高です( ^o^)ノ。

麺はストレートで、程よいコシ。
味の濃いカレーとの絡みも良く、キャベツなどと一緒に食べたり、なんと言っても牛テールと一緒の食べるのがまた最高です( ^o^)ノ。

正直な話、こんなに美味しいとは思わなくて、大変驚いてしまいました(^^;。

ラーメンで食べるのはもちろん美味しかったのですが、これはライスで食べるのが最高だろうと思い、「次はライスで食べたいです」、と伝えてお店を後にしました(^^;。

実は、小さいサイズのライスはあったのですが、自分のことを考えて、追加注文はしませんでした(^^;。

この記事を書きながらも、「いや、やっぱり頼むべきだった…」、と後悔しているのですが、それくらい美味しかったです(^^;。

う〜ん。
次は…いつ行けるかなぁ…なかなか、行ける場所ではないので、それだけに後悔がハンパありません…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.