松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

巣鴨 半ざわ 「ワンタンそば」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

巣鴨の『中華そば 半ざわ』にて、「ワンタンそば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

掛け値無しの正直な話し、ここ1週間ほど、心底自分が思う「美味いラーメン」というモノを食べていませんでした…。
もちろん、ラーメン以外ではありついていたのですが、どうしてもラーメンそのものにはありつけていなくて、少々禁断症状が出ていました。

この日の仕事場は池袋で、事務所に戻る帰りしな、どこか美味しいラーメン屋さんでも…とずっと考えていました。

中野にある、私の好きな神保町のラーメン店からのれん分けしたお店に行こうと思ったのですが、この日は生憎定休日。
さて…どうしたものか…、と考えていたら、巣鴨にも同じく美味しいラーメン店があるのを思い出しました。

実はこちらのお店、名前や素性はあらかじめ知っていたのですが、どう言うわけか機会がなくて、なかなか行く事が出来ませんでした。

丁度帰り道…と言うか、池袋からほぼ道一直線で着く場所なので、急いでそちらに向かうことにしました。

お店に着いてみると、すぐ隣がコインパーキングで、クルマ使いの私にとっては有り難いことこの上ありません(^^;。
早速クルマを停めてお店に入ります。

初めて来るお店なので、何を食べようか食券機の前で一頻り悩んだのですが、やっぱり最初と言うことで醤油ラーメンを選択。
しかし、ワンタンもあることを知り、急遽「ワンタンそば」にしました( ^o^)ノ。

カウンター越しに女性店員さんに食券を渡し、スマホでYelpを起動。
『半ざわ』を検索してみますがヒットせず、登録作業(^^;。

登録して、チェックインを済ませた頃、丁度よくラーメンが運ばれて来ました( ^o^)ノ。

本当は、神保町のお店と中野のお店、そしてこの巣鴨の『半ざわ』さんはサービス券が同一で、どこでも共通で使えるのですが、いつも行く神保町のお店では顔パスが通用するので、サービス券は持ち歩いていませんでした(^^;。

なので、今回はサービス券によるトッピングはパス(^^;。

そんなことを思いつつ、ラーメンを受け取ると、これがみっちりと具のだくさんの、綺麗な醤油ラーメンです( ^o^)ノ。
たっぷりと乗ったワンタンが実に美味しそうで、チャーシューは、バラとロースのチャーシューが乗っているようです。

ナルトが愛らしく、早速箸を取って一口。

少し細めの麺は、比較的しっかりとコシがあって、縮れ具合も相まってスープの乗りが良いです( ^o^)ノ。
スープは、単体で口にすると、濃い味好みの私には少し薄く感じられてしまいますが、醤油然としつつ醤油のクドさがなく、また酸味がなくて膨よかなうま味がふわっとする、なんとも優しい美味しさです( ^o^)ノ。

三食この中華そばでもイケてしまうほど、アッサリとしつつコクもあって、なによりふんわりとした優しさが、鼻に抜ける香気にも感じられて、ぐいぐい行けてしまいます( ^o^)ノ。

ワンタンは、皮は薄めですが餡はしっかりと入っていて、肉と野菜の感じが、餃子の餡のような感じです。
なので、ワンタン、と言うよりかは、ワンタンと水餃子のアイノコと言った感じでしょうか?

そんなわけで、ガンガン食べ進めてしまって、あっという間に完食してしまいました…(^^;。

ご馳走様を伝えてお店を出たのですが、だんだん気温が上がってきました…マスクも辛い、と言うか、マスク焼けが怖いです…。
いつも思うのですが、本当に美味しいと思えるラーメン屋さんって、どうして自分の家の近所にはないのでしょう…。

そんな哲学的なことを考えながら、クルマに戻りました。
大急ぎでエアコンを強めに設定。
クルマを出しつつ、次はいつ来れるかなぁ…と、ちょっと寂しくなったり…泣。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.