松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

九段下 タンメンしゃきしゃき 「タンメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

九段下の『タンメンしゃきしゃき』にて、「たんめん」を食べて来ました( ^o^)ノ。

この日は九段でお仕事。
いつも通う行きつけのラーメン屋さんが神保町にあるのですが、時間を考えたら諦めざるを得ず、仕方なしにブラブラと代わりのラーメン屋さんを探していました(^^;。

この段階で、いつも行っているラーメン屋さんに行けないので、もうどこもいいや…と半分投げやりになっていたのですが、神様が哀れんでくれたのか、素晴らしく美味しいタンメンを、私に与えてくれました( ^o^)ノ。



何気なく歩いていたら、大通りから少し入った角に、「タンメンしゃきしゃき」と言う文字が目に入ったんです( ^o^)ノ。

ちょっと前に、「マツコの知らない世界」と言う番組で、タンメンの特集をやっていて、それ以来、ずっと「美味しいタンメンが食べたいなぁ…」と思っていました。
番組で取り上げられていたお店にも行ったのですが、番組の中でマツコさんが、「罪悪感を感じないタンメン」と表現していたのが、実際に食べてみると、うっすい味付けで、あまりのパンチのなさに少々煮え切らない感覚でした。
なので、しっかりと味のした、コッテリとは言いませんがコクのあるタンメンが食べたいなぁ…とずっと思っていました。

そんな前提があって、急に興味が湧いて、お店に入ってみることにしました。


しかし、お店の前に着いてみると、狭い店内には先客が誰もいません。
周りのお店では、並び客が出るほどの繁忙時、正にお昼時です。
こんなにお客がいないのは…と少々訝しんでしまい、一回通り過ぎてから、それでもやっぱりタンメンが食べたいなぁ…賭だなぁ…と思いつつも、戻ってお店に入ることにしました。

小さな食券機でタンメンを購入すると、お店の人に伝えます。
食券はそのまま手元に残したままでしたが、お店の人は注文が直ぐに分かったようで、ジャッジャッと調理を初めてくれました。
その間、席でお冷やを飲みながらYelpでチェックイン報告などをしていたら、少ししてタンメンが運ばれて来ました。

そのタンメンの姿を見た瞬間、「あれ? …これって相当美味しいんじゃない?」、と、なぜか直感が語りかけます。
実際に箸を取って野菜を食べてみると、しっかりと味の乗ったシャキシャキの野菜で、単に湯がいただけの野菜を乗せたのとはワケが違う、これだけ食べても十分に美味しい野菜ですっ!

まずは2口、3口と野菜を食べ進めますが、徐(おもむろ)に野菜をかき分けて麺をすくいあげると、顔を出した麺は太麺の、キツく縮れのかかった麺でした( ^o^)ノ。

見た目は、私が打った不細工なうどんのようですが、これが実際に食べてみると、グッとした骨太の歯応えがあって、小麦の味も感じる野太い麺です( ^o^)ノ。

しかし、この太い麺にも負けない、しっかりとコクのある、濃いスープがまた秀逸で、麺を食べた分、野菜をスープに浸して、その上でまた野菜を食べると、ガツンとした美味さで、ドンドンと箸が進みます。

最後2割くらいになったところで、胡椒とラー油を加えると、またガラッと味が変わってGoodです( ^o^)ノ。

正直なところ、まったく期待していなかったお昼だったのですが、思いもかけず刮目するほど美味しいタンメンに出会うことが出来ました( ^o^)ノ。

…ラーメンの神様、ありがとう…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.