松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

上野稲荷町 稲荷屋 「ワンタン麺」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

上野は稲荷町の『稲荷屋』にて、「醤油ワンタン麺」を食べて来ました( ^o^)ノ。

以前、何度か来たことのあるこちらのお店ですが、実はカミさんと息子が甚く気に入っていまして、特に巨大な肉団子が美味しかった、と何度も言っていたのを覚えています。

しかし、カミさんや息子を連れて食事をするときは、出来ればまだ入ったことのない、知らないお店に連れて行ってあげたいと言う思いもあって、なかなか一度連れて行ったお店にもう一度、と言うことがありません。

かく言う『稲荷屋』さんも、あれ以来一度も入ったことがありませんでした(^^;。


この日、偶然この近くにいて、久しぶりい食べたいなぁ…と思ってお店に入りました。

お昼時を外した時間だったのですが、店内には数名の先客がいて、私の前で食券を買おうとしているお客さんも。
そして私の番になって、ふと食券機を観ると、セコガニを使った冷やし麺がある、とのことでそれをチョイスしようとしたら、直後、「すみません、今のお客さんで丁度終了になっちゃいました」、とのこと。

内心ガッカリしましたが、逆に定番を食べられると思えばラッキーです(^^;。
ワンタン麺が美味しかった記憶があったので、今回もワンタン麺にしました。

席に着いて暫し待っていると、「お待たせしました~」と目の前に丼を差し出されたのですが、思わず目が点になってしまいました。


お店の外に立てかけてあった看板にあった写真とは、全く違う風体だったんです(^^;。

丼が違うのはまだ由として、内容が全く違います(^^;。
ひと言で言って、チャーシューが全く違うんです。

デカすぎます。
も~、嬉しいくらいに大きいんです( ^o^)ノ。

ラーメン全体を覆うほど大きいチャーシューが、豪華に2枚も!!
しかもこのチャーシュー、カミさんは苦手なようですが私は大好きな、低温調理の半生タイプ!!

…生肉を食べ過ぎて、今の病を得たのかも知れないと思っているのですが、嗜好だけはどうにもなりません(^^;。

初っぱなからのサプライズ、思いもかけず嬉しい方向で裏切られて、俄然期待が高まります( ^o^)ノ。

そんなわけで、貧乏性な私は好きなモノは最後に残す派です(^^;。
まずはチャーシューを避けて麺をすくいます。

緩く縮れのかかったストレート麺は、固くコシのしっかりした麺で、細めだけあって意外にスープをすくい上げてくれます。

ワンタンも肉がしっかりと入った、肉料理的なワンタン。
肉も、ペースト状になるまで捏ねた感じでは無く、挽肉感の残った食感で、私の好みでもありました。

そして、鰹の香るスープが、バランスの良い旨味と鰹節独特の仄かな酸味がくすぐったいように美味しく、このスープでご飯を食べたらさぞや美味しいだろうなぁ…と思ってしまいました( ^o^)ノ。

かなり満足してお店を出たのですが、定番が美味しかっただけに、気になるのが限定メニュー(^^;。
定番が信用出来るお店の限定メニューはテッパンである、と言うのが神保町の某店で知ることの出来た心理だと思うので、今度は、何とか機会を見つけて挑戦してみたいと思います。

…今から、その日が楽しみです( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.