松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

あんこうのから揚げを作ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

『あんこうのから揚げ』を作ってみました( ^o^)ノ。

数日前に、Twitterであんこうのから揚げを報告している方がいらして、それが滅法美味しそうでした( ^o^)ノ。

私も食べたいなぁ…と思ったのですが、私の住む松戸のスーパーでは、あんこうを購入出来ても、殆どの場合が鍋用で、”七つ道具” が揃った状態で売っています。
なので、から揚げにするため(?)にアンコウの身だけを売っている、と言うのは見たことがありませんでした。

そんなわけでちょっと気になってTwitterで報告していた方に聞いてみたら、なんとあんこうを丸ごと1匹購入したのだとか。
はらわたを抜いて、頭と皮は取ってあったそうなのですが…私の住む場所では信じられないことです(^^;。

なんでも北茨城の魚屋さんで売っていたそうなのですが…やはり茨城はあんこうが美味しいですしね…(^^;。

そんなわけで、半ば諦めていたのですが、なんとうちの近所のスーパーで、あんこうの身だけを売ってました( ^o^)ノ。


もちろん、安くはないですが別段滅茶苦茶高いわけでもなく、思わず店頭に並んでいた3パック、全て買い占めてしまいました(^^;。

その日は、悪くなってしまいそうな豚肉をどうしても食べる必要があったので、あんこうは翌日にもちこしになったのですが(^^;、ついに今日、満を持してあんこうのから揚げを作ってみました( ^o^)ノ。

とは言っても、正直仕事から帰って別にやることがあったので、調理にそんなに時間を掛けられませんでした(^^;。
本当なら振り塩をして、臭み抜きとかもしたかったのですが、時間がないので、直ぐにから揚げ粉をまぶして揚げて行きます(^^;。

ささっと揚げて、レタスを刻んだモノの上に載せたら完成です(^^;。

ちなみに、あんこうのから揚げ以上に気合いを入れたのが、タルタルソースでした(^^;。

我が家は、私の母があまりタルタルソースが好きではなく、凡そ食卓に上がることはなかったのですが、私が台所に立つようになって、私の作ったタルタルソースを食べてもらったところ、気に入ってくれました。
カミさんも好んでくれているので、ここはいっちょ気合いを入れてタルタルソースを作ります( ^o^)ノ。

タマネギを刻んで水に晒し、その間にゆで卵、ピクルスをフードプロセッサーで粗みじん切りに。
パセリを細かく刻んだら、全てをボウルに移して、レモンの絞り汁、醤油、塩胡椒、そしてマヨネーズで和えて行きます。
ちなみに隠し味に黒蜜を少し入れました。
味見をしてみて、ちょっと物足りなかったので、セロリも刻んで投入し、完成。


カミさんに味見をしてもらって、合格をもらいました(^^;。

そんなわけで、食卓に出します。

各人、小皿にあんこうのから揚げを取って、たっぷりのタルタルソースをかけて頂きます( ^o^)ノ。


息子も相当美味しかったようで、ガツガツ食べてくれました。

災難だったのはお袋で、食べるから揚げが全部、骨の場所ばかり(^^;。
大きな背骨に纏わり付くようにして薄い肉が付いているだけで、可食部分が殆ど在りません(^^;。
ようやく3個目でそこそこ食べられる部位が当たったようですが、今度はカミさんが骨の大きな部分に当たって、最後、食べ終わってからボソボソと、「…大して食べられるところがなかった…また白身魚で作って欲しい…」、と言うので、目を輝かせて私が、「じゃぁ…」と話そうとしたら、「ナマズはダメ。泥臭くしないで」、とのこと。

う~ん…。
パンガシウスでも買ってこようかなぁ…(^^;。

 

と言うわけで、あんこうのから揚げも、タルタルソースもなかなか好評だったようで、良かったです( ^o^)ノ。
部位によってはまともに食べられないようなものもあったようですが、それはそれでルーレット、ってことで(^^;。

…から揚げ粉も少し残っていますし、また安く売っていたら、作ってみたいと思います…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.